2月の誕生石 – アメジスト

49d4abcd90c98b592344d2274b693279_s

石言葉 – 誠実、心の平和
アメジストの和名は紫水晶、古来から最も気高い色とされてきました。

ユダヤ教では「聖なる宝石」、キリスト教では「司祭の石」として尊ばれてきました。
「愛の守護石」「真実の愛を守り抜く石」と呼ばれるアメジスト。愛と慈しみの心を芽生えさせることによって、
誠実なパートナーとの出会い、恋人との絆を深め真実の愛を守り抜く強さを育ててくれる力を与えてくれる
「恋愛成就」のパワーストーンとも言えるでしょう。

アメジストは幅広くオール・マイティーなパワーが備わっているとされています。恋愛に関するパワー以外にも、
ストレスで疲れきった心を癒し、癒しのエネルギーを与え、心の安定、穏やかな気持ちへと導いてくれるパワーを
強く持った石とも云われています。負のエネルギーを浄化し、希望の光で心を満たしてくれるとも云われています。
また、不眠で悩んでいる方には、アメジストを枕元に置いておくと心地よい安眠をもたらせてくれるとも・・・
その他では、インスピレーションや直感力を高める力があることから、商売繁盛の石とも言われています。

名前の由来は「酒に酔わない」という、ギリシャ語の「amethistos」と云われています。
それはギリシャ神話に、
酒に酔ったバッカス(お酒の神)が、その日最初に出会った人を猛獣に襲わせようとしていた時、丁度、
出くわしたのが、月の女神の女官『アメジスト』でした。このバッカスの悪巧みに気付いた月の女神ダイアナが
アメジストを一瞬に純白の水晶に変え、助けました。酔いから覚めたバッカスは自分の罪を反省し、水晶に
赤ワインを注ぎました。 すると、水晶は透き通った紫色に変わり、美しい紫色の宝石『アメジスト』に
なったといわれています。

アメジストの紫色は、太陽光による退色性があります。 取り扱いに注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL